DJ 機材の歴史 – DJ Equipment History

スポンサーリンク
スポンサーリンク
acoustilogie102equipment
dav

DJ機材や Sound Systemの歴史の中で忘れてはいけない名前があり、それは Alex Rosner だ。

彼は世界初のステレオ再生のクラブ用サウンドシステムを構築した。

この時既にクロスオーバーを使ってシグナルを分けツイーターアレーを吊るしていた。

彼は David Mancuso の The Loft や Paradise Garage の初期のサウンドデザインをいった人物であり、世界初のDJミキサー ”ROSIE” を開発した。このミキサーの登場でそれまでの初期の DJ スタイルから大きくモダン DJ のスタイルへと変貌していく。

そして Alex Rosner が BOZAK の PA ミキサーを少し改造すれば DJ ミキサーが作れるのではないか、とアドバイスを与えて誕生したのが世界初の商業用 DJ ミキサー BOZAK CMA 10 2D だ。

BOZAK CMA 10 2D はそれから先数年にわたり BOZAK 社が無くなるまでの間クラブ用 DJ ミキサーのトップブランドとしての歴史の始まりだった。

そして CMA 10 2D へ LOOP IN/OUT 機能をつけ XLR(unbalanced) のマスターアウトを装備したものが CMA 10 2DL へと進化する。

ちなみに BOZAK ミキサーのマスターアウトは最高30メートル先のアンプまでHI落ち無しでシグナルを飛ばすほどの怪物ミキサーだ。

BOZAK では色々なファクトリーオプションも有った。エクストラ用のフォノカード(最高4枚まで装着可能)や BOOTH OUT を取り付ける改造や LINE AMP CARD (このカードの増設により OUTPUT GAIN が大幅にアップする)の販売、ラインインプットの増設(mic入力と入れ替え)等を行い、あらゆるクライアントの要望にこたえていた。

そしてBOZAKの倒産をきっかけに Richard Long が UREI 社に BOZAK ミキサーを持って行き早急に作ってもらったのがその後のスタンダードを今も走り続けているUREI 1620だ。(と言われている)

この頃にはDJブースにディレイマシーンを入れてフロアに地震を起こしたりファンタジックなエフェクトを施すようになる。

そして UREI 社も買収され DJ ミキサーの部門はLAの大地震をきっかけに消えてなくなる。

そんなロータリーミキサーの時代が止まっていく中登場したのが”アイソレーター”だ。Joe Clausellの熱いプレーに一気に多くのDJ達から市民権を得、一つのスタイルをも作り出す。

そしてその数年後PioneerによるDJ用エフェクターEFX-500も登場しアイソレーターと同じくDJの必需品としての地位が確立され今なお愛され続けているエフェクターだ。

ロータリーDJミキサー信者にとっては真っ暗闇の様な時代が続く中アメリカとは遠いフランスのパリで新しいロータリーミキサーが産声を上げていた。

Jerome Berbe氏のデザインによるE&S DJR100が誕生した。このミキサーは世界各地のロータリー好きに衝撃を与えた。

そしてその後トラベルDJ達の要望から開発されたのが世界初のポータブルロータリーDJミキサーDJR400FXだ。これには多くのトラベルDJも賞賛する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました