MacBook Pro 13inch Late 2013 A1502 のスピーカーが音割れしたときの修理手順

スポンサーリンク
スポンサーリンク
macbookprochatchat

MacBook Pro 13inch Retina のスピーカーを交換してみる

左側のスピーカーに音割れが発生、果たしてご予算どのぐらい?

MacBook Pro 13inch Retina Late 2013 を中古で購入しました。9ヶ月ぐらい使用してきましたが、数日前から左のスピーカーがボソボソと低音が割れて聞こえるようになりました。
普段ヘッドフォンを使っているのですが、軽く音楽や映画、動画などを気楽に楽しみたいときに内蔵スピーカーを使いたいと思うこともあるのでいつか直さなきゃと思っていました。
さすがに音割れしてたら使えないということでまずはどの程度の作業で交換が可能なのかを確認してみました。
あと、大事なところですが、予算的にも工具とスピーカーのセットで6〜7千円ぐらいで直せそうだったので勇気を出して修理をしてみました。

あと思いました、やはり Apple だけにそこそこ良いものを使っていたと思いますので、変えるときは両方一気に変えたほうが良いです。
片方ずつ交換をしてもしも音の差が聞こえたらとても残念ですが、両方変えて音が揃っていると
仮に音質がグレードダウンしていてもさほど気にならないこともあります。

いつもお世話になります IFIXIT で手順を確認

音が割れているのが左側なのでまずは左側の手順を確認しました。

<参考サイト>
MacBook Pro 13″ Retina Display Late 2013 左側スピーカーの交換

内容を確認すると、、

難易度 普通

手順 9

所要時間 20分〜2時間

2時間?w 多分それはないと思います。

まあ、それほど難易度は高くなさそうです。

ただ、片方だけ交換して音が揃わなかったら嫌なので、せっかくだから両方交換することを想定して手順を確認します。

<参考サイト>
MacBook Pro 13″ Retina Display Late 2013 の右側スピーカーの交換

難易度 普通

手順 14

所要時間 15〜30分

こちらの手順の方がステップが多いですが、時間は少なく済みそうですね。

音の違いがあったりすると嫌だな、と思い今回は両方同時に変えようと思います。
右側の壊れていない方はスペアパーツとして撮っておこうと思います。
では実際に載せ替えるためのパーツを探してみましょう。

リプレース用のパーツ探し

Late 2013 の MacBook Pro なので、さすがに純正パーツはもったいないのかなと思いました。
できるだけ安く済ませたいけどある程度音質は確保したいなと言うことで何個か使えそうなものをアマゾンで探しました。

SODIAL 新しい左+右のスピーカー、 Pro 13インチ Retina A1502用内部のスピーカー、2013年後半2014年初頭2015 923-0557 923-00509

手頃なところだとこのあたりでしょうか。

似たような価格帯で色々と探せますが、どれも同じだろうとおもっても結構差があったりするかもしれません。
できるだけ評価の高い商品からピックアップしてみてください。

実際に交換したのはこちらの商品でした。


Olivins MacBook Pro Retina 13インチA1502 Late2013/Mid2014/Early2015モデル用スピーカー左右セットです

実際に交換してみた

念の為ですが、精密機器なので安易に試して壊す可能性もありますので、細心の注意で自己責任でお願いします。失敗しても文句言えませんので、、、自信がない人はプロに頼んでください。探せば安くで交換してくれるところがありそうです。

交換の際は通常の精密ドライバーでは本体の裏蓋を開けることができません。ちゃんとネジの大きさにあったものを使わないとネジの頭をなめちゃう可能性もあります。わたしはこちらのドライバーセットで作業を行いましたが問題なく蓋の開閉ができました。

アイネックス 12-in-1 伸縮精密ドライバーセット TL-018

作業時間は両方のスピーカーを交換して、3〜40分ぐらいで終わりました。特に難しい箇所もなく平和に終えることができました。

現在1〜2時間ほど慣らし運転をしていますが、どんどん馴染んできているようで何の違和感もなくリスニングできております。

これでもう数年寿命が伸びたと思います。交換してよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました